第三のがん治療

病院

自由診療となる場合も

がん治療には、放射線治療や化学療法のような標準治療のほかに、医師の独自の判断や患者の希望で行われる治療法があります。その中の一つとして「免疫療法」が挙げられ、今、この治療法が第三の標準治療になり得るとも言われ、脚光を浴びています。人間の体の中では、日々、細胞が作り変えられており、古い細胞から新しい細胞へと置き換えられることで成長しています。その中で、日々、がん細胞も作られており、健康な人の体では、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞が、異常ながん細胞を退治するため病気になることはありません。この、がん細胞を退治する力をアップさせて、病気をなくす治療法が免疫療法であり、あらゆるがんで研究が進められています。従来の標準治療では、嘔吐や倦怠感、脱毛などの副作用があることがほとんどですが、免疫療法ではあまり副作用が見られないことが特徴です。また、本来、人間の体に備わっている免疫力を使う治療法なので、体が病気に強くなり、再発の心配を抑える効果が期待できます。この治療法は、一般の病院では行われていないことも多く、希望する人は、かかりつけ医に相談するか免疫療法の専門病院の診察を受ける必要があります。現在、がん治療の主流は、放射線治療と化学療法ですが、第三の治療法である免疫療法は、治療薬がないがんや末期がんで薬が使えない患者に期待されています。免疫療法を受けたい人は、免疫療法専門の病院に相談すると同時に、保険が適応されない場合は、医療費の相談をしておくことにが必要です。保険が適応されない自由診療の場合、治療費が高額になる場合も多く、手術や標準治療と合わせた金額がいくらになるかを確認して治療を受けることが大切です。

Copyright© 2018 転移がんを治療する前にチェック【早くカロリー制限などの対策】 All Rights Reserved.