ドクター

日常生活に支障が出る眠気

糖尿病は糖尿病予備軍では、日常生活に支障が出るレベルで体がだるいという症状が現れる場合があります。これは糖代謝異常で細胞に必要な栄養が行き渡っていないことが原因。早く気付いて早くカロリー制限などの対策すれば、健康な状態に戻すことも可能です。

ナース

最適なクリニックを探す

梅田で内科クリニックを利用する際には、様々な点をきちんと考慮して選択することが求められています。どんなクリニックがあるのかを調べておくことが大事です。女性が安心して治療を受けられる女医が診察しているクリニックなども多いです。

病院

第三のがん治療

免疫療法は、副作用が少なく、新しいがん治療として注目されていますが、専門の病院でしか取り扱っていないため注意が必要です。また、保険が適応されず自由診療となることもあるため、医療費について事前に相談しておく必要があります。

病棟

知っておきたい「がん」

転移がんとは、他の場所で発生していたがんの組織が他の場所に移動して発生するがんのことです。そのため、その治療には元々発生していたがんに使う抗がん剤が使われます。また、根治が難しい場合には、その痛みを和らげるための治療がなされます。

相談

この病気は医者と戦おう

糖尿病になるとインスリン分泌が低下して、これらの役割を果たせなくなり、高血圧になります。それらの影響のせいで体がだるいと感じるようになります。糖尿病は本当に怖い病気ですので、お医者さんと二人三脚で戦っていきましょう。

再発と転移の違い

カウンセリング

治療に関して

再発がんと転移がんとは微妙に違います。再発がんはがんに対して治療を行い、確認出来るがんが体の中になくなった後に発見されるがんの事になります。手術や抗がん剤などで消失したように見えるがん細胞が目に見えないレベルで残っている場合があります。小さながんが再び成長してきて発見された時再発がんと言います。現代の医学では再発がんを完治させる事は難しい状況です。転移がんは、初めてがんが発見された時に、リンパや血液に乗って発見された場所から離れた場所にがん細胞が運ばれてそこで増殖したがんの事です。転移がんが見つかりやすい場所として、肺、肝臓、骨、脳などが挙げられます。更に腹膜播種と言って小さながん細胞が腹膜にばらまかれるような状態になることもあります。転移がんが見つかるとがんのステージは4になります。がんの治療の第一治療として手術が選ばれますが、転移がんが見つかると手術は適応外となります。がんは元々広がりやすい性質を持っていますので、ある程度大きながんが見つかったら転移している事は多くなります。治療は抗がん剤をメインに行います。原発に出来たがんによく効く薬剤を選択して使用します。1クールを終了した時点でどの位の効果があるかを確認して薬剤を変更したり、継続していったり調整していきます。転移がんは元々原発がんが運ばれてきたがんになりますので、原発がんに合わせて薬剤を使用する事が多いです。がんの種類によって薬剤を選びます。

Copyright© 2018 転移がんを治療する前にチェック【早くカロリー制限などの対策】 All Rights Reserved.